緊急帝王切開

先日、仲良しの妊婦さんから連絡がきました

「出血しました。今病院でこのまま入院になりました
出血が止まらなければ帝王切開になります」と

もともと、予定の手術が決まっていたところで
出血。そして早産。

そもそも初めての手術に伴い
それまでの経腟でのバースプランを
手術のものに書き直したり

帝王切開の参考図書を読んだり
彼女なりに心と体の軌道修正しながら
前向きに取り組まれていました

出血…となると
やはり母児共に無事なのかが心配です

大きい病院での手術なので家族の立ち合いはできず
メールでのやり取りしかできない分
不安が多かったに違いないです

それでも、次に来たメールには
とてもポジティブな表現でした

【赤ちゃんは、ママのお腹の傷が小さく済むように
 出てきてくれるんだね】

これから手術になる本人が一番動揺しているかと
思ったら
一番肝が据わっていました

彼女から毎回毎回教わることが多いです

子どもに対しての平等感
感謝の気持ちを表現すること
誰より、家族への愛情深いこと

ただ真っ直ぐに進んでいるだけ
それがまた潔くカッコイイ

早くママとベビーに会える日を楽しみにしています

いつもありがとう

関連記事

  1. 同じ景色を見続ける

  2. ネットの情報で満足の方、見ないでください

  3. テレビ:夫が寝たあとに

  4. 妊娠期から助産師が関わりたい。その理由は…

  5. 幸せホルモン

  6. みんな、はじめは初心者

PAGE TOP