不安の無い人はいない

妊娠・出産って分からないことが多い分野だと思っています
当事者になって初めて知ることや
現場で仕事をして初めて見える景色があります

看護+助産師学校では
座学と実習を繰り返し学んでいきます
技術の練習をしました

百聞は一見に如かず

臨床(現場)に出てみて
初めて知ることが
沢山ありました

その経験は日々の学びになっています

例えば切迫早産。
「切迫早産」という言葉は聞いたことがあるかもしれません

「早く赤ちゃんが産まれてしまうかもしれない」と
医師から宣告を突き付けられるようなものです

さっきまで、普通に生活していたのに・・・。

内服や自宅安静ならともかく
入院を強いられる場合もあります

これまで担当させていただいた妊婦さん達は
長期間(最長6ヵ月)入院をする方もいます

退院する前に
出産に至ることも

母体搬送と言って
診療所では抱えきれない状態の方が
救急車で知らない病院に搬送される

という想像できないドラマがあります

初めての出産だから
出産の経験したから
という理由はありません

同じ出産は2つとしてないからです
何が起こるか分からないのが
産前産後の期間なんです

不安はやっぱり不安不安のない人はいないんです

現場で知ったことや学んだからこそ
これから出産を迎える、迎えた方々の
悩みや、不安などの心配事の解決のお手伝いをしたいと
考えるようになりました

まだ見ぬ誰かのために
これからお会いする方のために
つぶやきが届きますように

関連記事

  1. テレビ:夫が寝たあとに

  2. 話を聴くということ

  3. 一人ひとりに寄り添う事をめざして

  4. 幸せホルモン

  5. 自分がまず元気であること

  6. 出産立ち会い

PAGE TOP