お花見

桜の咲くころには
毎年思い出すエピソードがあります

今の職場に転職し始めの頃
つわりで入院していた妊婦さんがいました

症状が治まらないのが長引いていたので
ある時先輩が
「裏の公園へ花見に行こう!」と
上司に相談して

私と先輩とで
彼女を車いすに乗せて
お花見に行きました

ほんの10分程度だったと思いますが
入院が続いていた妊婦さんの
表情はとても明るくなったことを
思い出します

そんな素敵なケアを考える先輩に出逢えたことも
上司や院長の寛大な理解をしてしてくれて
この職場に感謝しています

業務を通して
妊婦さん達と関わる大切さを
先輩の後ろ姿から
学ばせていただけていたことに
あらためて気づく桜の季節です

関連記事

  1. 無痛分娩

  2. 自分がまず元気であること

  3. 新生活

  4. 話を聴くということ

  5. 子育てコーチングから学んだこと①

  6. 現役助産師だから伝えたい妊娠中の○○ その②

PAGE TOP