みんな、はじめは初心者

読んでいただきありがとうございます
助産師ヨーコです

部屋を掃除していたら
入職した当時、先輩との振り返りシートが出てきました

性格的に調べて調べて調べまくりますが

知識と実践・実技とは一致するまでに時間がかかり

私自身、毎日、真剣に、一生懸命に取り組んでいましたが

先輩からの評価はボロボロでした

初歩的な事についての注意もありましたし
中には「助産師のプロ意識を持ちなさい」

「私とあなたの助産観は違いますね」とお仕事を一緒にしたくありませんを

におわせる厳しい言葉もありました

それだけダメダメ新人だったってことですけど。。。

それらの言葉(指導)を真摯に受け止め
分娩当番の日は前日から緊張しまくっていました

厳しい経験をしたからこそ
新人、新入職者、先輩の気持ちを理解したい
どうしたらコミュニケーションがよくなるんだろうと
思ったことが

コーチングや傾聴を学び始めるきっかけの1つでした

今日の掃除をしていて
私自身、その厳しい言葉を発した先輩の立場になっているかもしれない…。
そんな気持ちをもちました


両方の気持ちが分かる立場として

新人の頑張りを理解できる
先輩の指導していく気持ちを理解できる

PROTONは日頃、頑張る助産師・助産学生・医療者を応援します

関連記事

  1. パーソナル助産師とは

  2. ネットの情報で満足の方、見ないでください

  3. コムアイさんの「アマゾンで出産」宣言

  4. バースプランって何だろう?

  5. 「いいお母さん」って何だろう?

  6. 多文化共存

PAGE TOP