スモールステップ

公園の一角を借りたマルシェに参加してきました

沢山の方に助産師を知ってもらいたい
いつでも助産師に会える場所を作っていきたい
そんな思いで
参加させていただきました

国際女性デーということもあり
ホワイトリボンのTシャツを着て
助産師相談と手がたアートで出店。

当日は沢山の方に参加していただきました
笑顔と笑い声が聞こえてきました
また、〇年前に出産の時に立ち合わせて
頂いたママさんとの再会ができたりと
有難い機会になりました

なんで「助産師が手がたアート」なの?
疑問に思われると思います

助産師の仕事は
出産の現場に立ち会うことが有名です

それ以外に
産前産後の相談にのったり
授乳の相談や性教育、月経の相談
出産前の教室(両親学級とか母親学級と呼ばれています)
開催することをしています

対象は女性の一生に関わることができると言われています

出店でいきなり
「相談受けますのでどうぞご自由に…。」と言われても
知らない人に
お困りごとを話す人なんていませんよね
わたしだったらそう思うし。

まずは「あなたの周りに助産師がいますよ」と
知ってもらうこと
根を張るための種をまくこと

すなわちスモールステップ
小さなことをコツコツと進んでいく第一歩です

誰かのところに花の種が届きますように

関連記事

  1. 多文化共存

  2. 現役助産師だから伝えたい妊娠中の○○ その②

  3. 伝わるように、伝える

  4. 行動しないと始まらない

  5. 「いいお母さん」って何だろう?

  6. 出産立ち会い

PAGE TOP